「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:映画や本や写真や( 4 )

Memories of

Murderというおどろおどろしい
タイトルの韓国映画を見ました。
猟奇連続殺人事件と犯人を追う
2人の刑事。実際にあった事件を基に
作られた映画です。派手なストーリー展開(演出)は
どこにもないけれど、作り込まれた細部によって
観る者に緊張感を与えています。

アジア映画、いいです。
[PR]
by 12mai-mai07 | 2005-04-11 17:39 | 映画や本や写真や

映画

コメディ映画しか
うけつけないということは
お疲れ度
97%
[PR]
by 12mai-mai07 | 2005-04-05 19:09 | 映画や本や写真や

モデル

b0031380_18303788.jpg


もう15年以上前のことですが、母親に連れられて彼が撮ったアフリカの大地展(残念ながら、詳しい名称は覚えていません)を観に行きました。モノクロの写真が主で、それまでいわゆる記念写真しか見たことがなかった私にはすごく衝撃的なものでした。物を撮っているのではなくて、物のなかにある「何か」を撮っている、平たく言えば、「生きた写真」を見た初めての経験でした。自分でも、こんな写真が取れたらいいなぁと思うお手本です。
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-11-16 19:00 | 映画や本や写真や

ブエノスアイレス

b0031380_23331777.jpg


「2046」を見てきたので、ついでに彼の作品を観なおしてみようと思いました。
復習第一弾は、「ブエノスアイレス」。一言でしかも単純に語るとするならば、「ゲイの恋愛物語」。

彼の映画に関しては、ストーリー展開、テーマはさることながら、何しろ映像、カメラワークが美しい。全てのカットが芸術作品として成立するといっても過言ではないでしょう。その中でも、鏡の使い方が非常に効果的で、その鏡による場面描写のアンダイレクトさが、「暗黙の了解」、「阿吽の呼吸」などといったアジア的精神構造を好む私には心地よく感じられたのでした。
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-11-12 23:48 | 映画や本や写真や