<   2004年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

あの場所で

b0031380_2331127.jpg

肩をかしてください、
胸をかしてください、
腕をかしてください、
貴方の心を見せてください
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-29 23:32 | 秘め事

名前

b0031380_18463628.jpg

貴方の名前を呼んでもいいですか
伏目がちに聞いてみた
答えを聞くのが恐かったので
走って逃げた
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-29 18:48 | 秘め事

b0031380_0543121.jpg

折れた爪もきれいに同じ長さに揃ったので、
ネイルアートしてみました。
でも切ったほうがいいかな?
だって、貴方の背中、傷だらけになっちゃうよ。
どうしよう。どうしたらいい?
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-28 22:53 | ラヴレター

スキな理由

年齢を重ねるごとに記憶力は衰えて、
忘れっぽくなります。
「あっ、たまご買うの忘れちゃった」ってね。

だのに、なんでだろう。
貴方と過ごす一分一秒、貴方がグラスを持つ指の先、
瞬きをするカーヴした睫、煙を吐き出すその口元、
貴方の一つ一つ、ワンパーツワンパーツ、
瞼の裏に焼きついていて、私を離れることはありません。

買い損ねたたまごみたいにキレイに忘れられれば
いいのにね。

たまごと比べてごめんね。

やっぱり、ダイスキです。
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-28 01:16 | ラヴレター

賞味期限

最後に心から笑ったのはいつだろう。
楽しくて、嬉しくて、最高に幸せだったのはいつだろう。

夏の日差しが容赦なく照りつけていた日のプールの中。

思い出は単に賞味期限を過ぎてしまった。
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-27 18:48 | 雑感

季節

新しい季節が巡ってきました。
貴方をスキになってから2回目の秋です。
いえ、正確に言うと、3回目の秋です。
1回目は、貴方は私の存在すら知らなかった秋でした。
2回目は、秋の醍醐味を堪能する暇もなく秋も貴方も去っていきました。
そして、3回目の秋。
貴方は相変わらず遠くにいるけれど、秋はいろいろな顔を見せて、私を楽しませてくれます。

来年は秋の百面相を一緒に堪能したいものです。
いかがでしょうか。
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-26 21:50 | ラヴレター

お願い

まどろんでいる時に
耳元で囁いて。
私の名前を囁いて。
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-23 00:13 | ラヴレター

綺麗

綺麗になりたい
きれいになりたい
キレイになりたい

貴方と会えれば
すぐにその願いは叶うのに
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-20 23:57 | ラヴレター

価値

何の感情も抱いていない人からのお誘いは
乾杯用にとりあえず頼むビールと同等である。
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-20 00:45 | 雑感

ものさし

人を測るものさしはいろいろあるけど、
どれもあまりあてになりません。
特に無責任な他人が作ったものさしで測られることほど
無意味なことはないな。

そういった直線のものさしじゃ計れないような、丸みを帯びた
イレギュラーな人間になりたいなぁ、と日々思うております。

が、まだ測りたがりますか?
[PR]
by 12mai-mai07 | 2004-10-19 00:55 | 雑感